研究室紹介

研究室の概要

研究室の沿革

岸研究室は,2000年に東京大学生産技術研究所に設立されました.現在,岸研究室は人間・社会系部門に属し,大学院工学系研究科社会基盤学専攻から学生を受け入れています.また,法政大学溝渕研究室芝浦工業大学勝木研究室から研究実習生の学生を受け入れています.

研究のフィールド

岸研究室は,コンクリート工学,コンクリート材料,セメント化学のフィールドを研究対象とし,材料と構造,実理と学理,要素と統合の境界領域で,新しい工学技術を提案し,社会で実現することを目標に掲げて研究に取り組んでいます.
近年では,ひび割れ自己治癒材料の開発と実用化,コンクリート構造物の品質評価,セメント系材料の物性解明,温度ひび割れの抑制技術の開発に関する研究などに精力的に取り組んでいます .

研究活動

日常的な研究活動は,生産技術研究所のある駒場リサーチキャンパスUで行っています.研究室では,定期的なミーティング,年2回の合宿などを長井研究室と合同で行っています.また,西千葉にある千葉実験所でも,広い敷地を利用して,一部の実験を行ったり,関係者や卒業生を集めたお花見を開いています.
また,社会基盤学専攻の入試説明会でも研究室の紹介をしております.受験を考えている学生を対象に,研究室の訪問も随時受け付けておりますので,興味をお持ちの方は,お気軽にご連絡ください.